みやもとファーム農業体験塾について
みやもとファーム農業体験塾

みやもとファーム農業体験塾は、大空の下で、農と緑の中で学びます。健康な体を作ります。みやもとファーム農業体験塾は、野菜や果樹を育ててみたいが自信がない経験がない、そんな人たちを対象に、野菜や果樹の育て方を学んでいく農園です。農業を体験してみませんか!大空の下で大地を耕して汗を流してみませんか!きっと今まで経験したことのない新鮮な感動に会えるかと思います。安全な野菜や果樹を一緒に育てましょう!私が精一杯お手伝いさせていただきます。気軽に声をかけて下さい。

東京都練馬区高松1−39−5
みやもとファーム農業体験塾
塾長 宮本茂昭

事業実施年度 平成11年度

事業名 練馬区農業体験農園
東京都生産緑地保全整備事業
              塾長の手記より

           

好きな野菜     : トマト、ほうれん草
趣味・特技     : 山登り
自分にとって農業は?: 好きです!農業



           農業とファームレストラン

この頃、みやもとファーム農業体験塾の視察に、農業関係の方々や行政の方々もこられるのですが、農業ビジネスに、関心をもっての視察の方々がいろいろな所からみられるようになりました。
自分としてはまだまだ大変恥ずかしいしだいだ。店はまだ小さいし、メニューの中身も視察にこられた方の期待とは、多分違うし、また期待通り多分これからもできないとおもうからだ。
ほとんどの人が最初に、こんな誰も来ない畑の中で、何故ファームレストランを開業したのですかと訊かれる。
野菜を作って、市場に出荷しても安いし、いまのこの大きな太い流通の中では、小さな都市農家のものは、相手にしてもらえないから、ここで農業を続けていくには自分で作ったものは、自分で売るしかないと考えております。
この頃、ファームレストランという名のレストランの中には、大資本のレストランから趣味のレストランまで、農業と関係ない職種からの出身のお店もあります。
自分は農業で生活していく為にはどうしたらいいかと、考えた末のファームレストランであって、美食とかグルメとかいうレストランではございません。
農業の中の、農業の延長線上のレストラン「みやもとファーム」でいつまでも、いつまでもいたいと思っております。
麦藁帽子と、首にまいたタオルの似合う、広い空間の畑の中にいる、「みやもとファーム」の自分が一番好きです。

                                                                 平成17年2月27日
                                                             みやもとファーム 宮本 茂昭

畑への入口
塾長 毎年恒例の青空懇親会にて